2009年1月27日火曜日

ウィリアム・モリス と ウィリアム・ブース

今、アーツ&クラフツ展が東京都美術館で開かれている。




内装用ファブリック「いちご泥棒」
この運動の主宰者のWilliam Morrisとほぼ同じ時代・場所に生きた、William Boothとの 比較をしてみたいと思った。

ウィリアム・モリス(William Morris)
(1834年3月24日 - 1896年10月3日)は19世紀イギリスの詩人、デザイナー、マルクス主義者。多方面で精力的に活動し、それぞれの分野で大きな業績を挙げた。「モダンデザインの父」と呼ばれる。

ウィリアム・ブース(William Booth)
(1829年4月10日 -1912年8月20日) は、イギリスのメソジスト説教者、救世軍の創立者。このキリスト教運動は、軍隊流の組織を持っているが、物質的な武器によらずに、1865年にロンドンで創立され、世界中に広まった。救世軍は今日、最も大きい人道援助の事業団体の一つとして知られている。http://en.wikipedia.org/wiki/William_Booth

肖像:
モリス               ブース


--------





----

0 件のコメント: